『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

ビックリ! フランス流子育て

9月に入りました。昨日から新学期ですね。

 私はフランスで息子たちを出産しました。その子育てエピソードでちょっとビックリなことをお話しします。もう随分昔の話になってしまいますが。

 

出産した次の日、日本のようにお風呂の入れ方とかそういうのを習う機会がなかったので、どんな風にしたら良いのかを看護婦さんに聞いてみました。すると、「じゃぁ、後で来て」というので行ってみました。行ってみると、その部屋は大きな流しが並んでいる場所でした。看護婦さんが息子を腹ばいにさせヒョイと片手で持ち、「見ててね!」とその流し台に行き、流しの蛇口で新生児なる息子の身体と頭をササっと流して洗い始めました。もう、ビックリ!もうカルチャーショック!日本ではタライとかで薄いタオルをかけて大事に大事に洗うと思うのですが、違うの〜!? うそ〜〜〜!でも、息子だけでなく、他の子のこともそんな風に洗ってる! えぇ〜〜〜!

 

それからもう一つ。フランスでは38度以上になると熱がある、と言います。肉食のフランス人。きっと平熱体温が日本人よりも高いのでしょうねぇ。息子たちが熱を出し、小児科にかかると必ずこう言われました。「39度の熱があったら38度のお風呂に入れて。1度低いお風呂ですよ。」 ええっ!? 私のフランス語の聞き取り間違いかも知れないとフランス人の友人に確認すると、フランスではそれが当たり前、とのこと。郷に入れば郷に従え、ということでやってみると、案の定、大泣き。でも、まぁ、大丈夫でした。

さて、ある時、日本の小児科にかかった時にお医者さんに聞いてみました。「いやぁ〜、日本ではやりませんね。やらないでくださいね。気候の違いがあると思いますよ。」そして日本の友達に話すと大笑い。「それ、鬼ハハでしょ!」

 

それからもう一つ。息子が通っていた幼稚園の給食。すごいんですよ。メニューが!フルコースで出て来ます。前菜、メインディッシュ、チーズ、デザート。これにもビックリしました。今でも思い出します。

 

なんか懐かしいな。

と、ことばとは関係のない、異国での冗談のような本当の子育てのお話でした!

 

f:id:heart-kotoba:20170902141041j:plain