『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

イギリスいる千里さんから皆様へ

南村洋子先生のお嬢さん、千里さんからのメッセージです。 千里さんは世界的に活躍されている聞こえないダンサー。 オンラインでパフォーマンスを上演するそうです。 ご覧になってください。 ちさとです。 大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょ…

ガラスのような心

私は聞こえない・聞こえにくい子ども達と親御さんとの関わりもありますが、もうひとつ、発達に偏りのあるお子さんと親御さんとの関わりもあります。子ども達の心はまるでガラスのようです。なんて生きにくい世界に住んでいるのだろうと思います。私はできる…

聞こえない方からのメッセージ・今回のコロナで思った事

先日、以下のようなメールが届きました。この方はろう学校の乳幼児教育相談でのお仕事をされている聞こえない方です。 〜メール全文〜 少しでも口話・読話が長い目で見ると限界があることを多くの人に知っていただけると嬉しいです。 乳幼児教育相談での教育…

先輩お母さんの手記から

きっと参考になるだろうな、と思われる、お母さんの手記を載せますね〜。「少しでも皆さんのお役に立てるなら」と掲載を快諾してくださいました。ありがとうございます。 0歳児のこの1年間が一番辛かったです。聴こえにくい世界について何も知らないまま飛び…

不思議な縁

今日は私の恩師、南村洋子先生についてお話をしようと思っています。実は今、ろう学校の乳幼児教育相談について、ということで執筆をしています。その内容は、南村先生から教えていただいたこと。感謝の気持ちを込めて書いています。 南村洋子先生は聞こえな…

話しかけの極意

先日、聞こえる発達に問題のないお子さんが、ひとつのことばを理解して言えるようになるまでに、800回聞いている、とお伝えしました。これは聞こえるお子さんの場合ですから、聞こえない・聞こえにくい子の場合には、目を合わせての丁寧な話しかけが最低…

反り返り

急に暑くなりましたね。春を通り越して夏のような暑さでした。 みなさんステイホーム、楽しんでいますか? 毎年、この時期になると庭のバラが咲き始めます。強香のバラなので、とても良い匂いが漂っています。 いただいた質問の中に反り返りについての質問が…

写真カードへの質問

<届いた質問から> 先日、このブログをご覧になっていらっしゃるお母さんからいくつか質問を受けました。きっと皆さんにとっても参考になると思います。その1。 写真カードについて。どんな風に写真を撮れば良いのですか? 子どもがどんな風に見ているのか…

聞こえない・聞こえにくいお子さんを育てていらしゃる皆さんへ

今までタイトルを <新生児スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ> としていたのですが、ある先生から、新スクに関係する人だけじゃない内容だよね?とアドバイスをいただき、タイトルを変更します。 今日は、以…

新生児スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 12

毎日、緊張して生活をしているみたいで、でも、やっぱり人間ですから気が緩みます。気が緩み、気が抜けたときに、やっぱりアクシデントって起こるのですよね〜。で、ブログ、書けませんでした。 「ことば」ってどんな風に育つのでしょう。私たちはどんな風に…

<新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 11>

今日は「補聴器と聞こえ」について。 SNS の投稿を見ると、補聴器をつけての反応について「聞こえてるのかなぁ」と心配されているママ達の投稿がおおいですね。今日は、そのことについてちょっとお話しします。 補聴器をつけると直ぐに反応が見られるのでは…

 新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ10

写真カードの作り方と使い方 その2 写真カードがあれば、おばあちゃんが帰ったあとも、おばあちゃんがそこにいなくても「おばあちゃん」についてのコミュニケーションがとれますね。いつもはいないおばあちゃん、目に見えないこと、目の前にないことを想起…

新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 9

写真カードの作り方と使い方 その1 本当は「ことばが表出できるようになるまでに」を書こうと思っていたのですが、「写真カードの使い方がいまいちわからない」と質問があったので、写真カードの作り方、使い方をお知らせします。 難聴児の療育機関に通うよ…

新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 8

昨日は「ことばって何?コミュニケーションって何?」というテーマでした。 今日は「発達について」というテーマでお話をします。以前、書いたことのあるものに手を加えて、ブログに載せたいと思います。 たくさんのお母さんとお会いしてきましたが、その中…

新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 7

たくさんの方に見ていただいていて、本当にありがとうございます。 少しでも助けになればと思い、書いています。 本当は写真カードの使い方をお伝えしようかな、と思いましたが、基本的なことをお知らせしないと難しいな、と思ったので、今日は「ことば」に…

新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 6

私は発達に遅れのある子どもたちとの関わりもあります。 あるお子さんで、耳は聞こえているのだけれども、おしゃべりができない子がいました。その子はことばの理解はできているのだけれども、おしゃべりができないのです。おしゃべりをするって簡単そうだけ…

新生児聴覚スクリーニング検査(新スク)でリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 5

テレビも新聞もコロナの話題ばかりですね。不安で身体が知らないうちに緊張しています。Facebookで霊長類学者ジェーン・グドール氏の発言を聞きました。彼女の伝えている「我々が自然を無視し、地球を共有すべき動物たちを軽視した結果である」との意見。本…

新スクでリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 4

昨日は手話のお話をしました。どうぞお子さんが0歳児の間に手話を獲得してください。そうしておけば、1歳以降のコミュニケーションがとても楽しくスムーズになります。そして、どんな聴力の子どもに対しても、手話が必要になります。なぜなら、音声言語は聞…

新スクでリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 2

新スクでリファーとなったけれども、まだ本当に聞こえないのか、どのくらい聞こえにくいのかはわかりません。聞こえていても、聞こえていなくても、聞こえにくくても、子どもは子ども。ママとパパが好き。愛されたい、愛したいと思って生まれてきました。そ…

新スクでリファーとなり、コロナで相談にいけない親御さんへ 1

緊急事態宣言が出され、ろう学校でも相談を受けられなくなってしまいました。きっとコロナとリファーとで大変不安な毎日を過ごされていらっしゃる方がおられるのだろうな、と想像します。 毎日、少しずつ、そんな不安な中で、今、どんなことをすれば良いのか…

あるツイッターの記事から

知り合いのS Tの方から、私のことを今井さんが話しているよ、と連絡をいただきました。 1月に、今井さんがろう学校に視察にいらした時、お会いし、お話をさせていただきました。 この教えていただいた記事(https://twitter.com/tafumi1717/status/123399322…

ろう・難聴教育研究会 2月研究会に内閣政務官・今井絵理子氏が発言者として参加予定!

ろう難聴教育研究会の2月研究会に、内閣政務官の今井絵理子氏が、発言者として出席してくださる予定です。 大塚ろう学校で働いている言語聴覚士の視察で、厚生省と文科省の方とともに今井絵理子氏もいらしてくださり、直接お話しする機会に恵まれました。 そ…

ろう難聴教育研究会 2月研究会のお知らせ

2月研究会のご案内 みなさま、ぜひ、ご参加ください。 1 日時:2020年2月22日(土)13:00~20:00、23日(日)10:00~15:00 2 会場:日本大学文理学部 新本館5階50110/教育・数学ティーチング・ラボラトリー教室(正門右側1号館を通り抜けた先の棟、エレ…

子どもの立場に立つ

私がずっと関わっている都内のろう学校の乳幼児教育相談は、その支援の内容がとても充実しています。私は言語聴覚士なので、ろう学校で働く前は病院で、聴覚障害をもつ赤ちゃんやお子さんの聴覚管理や個別指導、グループ指導の仕事をしていました。病院は保…

子どもの留学

先日、朝のNHKニュースを見てビックリしたことがありました。 日本では、今、小さい頃から子どもを英語圏の国へ留学させるのが流行っているとのこと。子どもを日本語と英語のバイリンガルに育て、国際的感覚を身につけさせたい、と思う親が増えているそうな…

傷つけないで欲しい

長いこと発達障害児の療育の現場を担当するベテランの臨床心理士の先生と話していてハッとしたことがありました。 その先生は東田直樹さんの講演会に参加されたそうです。東田直樹さんは自閉症で、「僕が飛び跳ねる理由」という本を書いた方。一見すると、ち…

子ども達の名言

子どもってすごいな!と思った瞬間。皆さんと分かち合いたくて、書きます。 発達に偏りのある年長さんの男の子。月に1回、私とのセラピーのために来室してくれます。初めて会った年中さんの頃は、ちょっとでも難しかったり、やったことがなかったりする課題…

軽中等度難聴

先日、ろう学校の地域支援の一環として、幼稚園や保育園の先生や保健師さんを対象に「難聴児への支援」というテーマで講演会を行いました。50名近くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。 保育園訪問や幼稚園訪問へうかがうと、先生方から次…

嬉しいお便り

こんな嬉しいメールが届きました。 ハート&コミュニケーションに来ているAくん、年中さん。最近、場面にあった表現が少しずつ増えてきました。 庭にプラムの木が2本あるのですね。プラムが大好きなので5年前に植えてみました。植えたときはヒョロヒョロで…

第41回 ろう・難聴教育研究大会のご案内

ろう難聴教育研究会 第41回夏の大会 ろう難聴教育研究会の夏の大会が来週開催されます。 今年は大会での初めての試みとして、「ヴァンサンへの手紙」の映画上映を行います。その後、この映画を日本に紹介してくださった牧原依里さんと「デフヴォイス」「慟…