『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

なるほど!おもしろい!

私が担当しているA君。年中さんのときに担当した時は、話しかけられたことばをそっくりそのままオウム返しで繰り返すのみでした。オウム返しになると、親御さんは「オウム返しになってしまって、こちらが聞いたことに答えられない」とちょっと心配になるようですが、悪いことではないのですね。コミュニケーションへの意識が高まってきたことと、ことばがコミュニケーションの役割を果たしているんだって理解し始めてきているということなのです。

「〇〇食べたいの?」と聞くと同じように「〇〇食べたいの?」とイントネーションも同じくオウム返しで繰り返すのみなのですが、その子の本当に言いたいことを一緒に代弁し、ママが一人二役すると良いです。「〇〇食べたいのね。食べようね」など。そのうちに、だんだんと「〇〇食べたいの?」で「食べたい」と言えるようになってきます。

 

さて、そのA君。年長さんになりコミュニケーションは成立するようになりました。しかも、自分の気持ちや要求も言語化できるようになり、それとともに行動も落ち着き、ママが心配していたのは嘘のようにお兄さんになりました。

ある日、A君と一緒に給食を食べることになりました。その日の給食には食パンが出て、各テーブルにクリームの器があり、そのクリームをぬるようになっていました。クリームを塗ってあげると、なんか不満そう。なるほど、食パンの隅の部分が塗り損なっていたのです。ちゃ〜んときれいに隅々まで塗ってあげると大満足。自分でも塗り直して完璧にしてから食べていました。クリームが美味しかったようで、小さいおかわり用のパンを何度もおかわり。その度にクリームを自分できれいに隅々まで塗っていました。パンのおかわりは3回までとなっているので、もうできない。するとA君「クリーム」と言っています。クリームをもっと食べたいようです。他のお友達は皆、食べ終わっていなくなっていたので、「内緒ね」と言い、器からクリームをすくってA君のお皿の上に置いてあげました。すると、私が考えもしなかったことをし始めました!なんと、お皿にクリームを塗り始めたのです。あぁ!そうかぁ!A君にとってクリームは、食べるものでもあるけれど、塗るものでもあるんだな。クリームを塗るためのパンはなかったので、お皿にのせられたからお皿に塗っちゃったのだな。その様子を見て、もうおかしくて大笑いしてしまいました。

「A君。こうやって食べるんだよ」とお皿のクリームをスプーンですくってあげると、なるほどと思ったようで、それからはお皿のクリームをきれいにスプーンですくって食べていました。

 

これはこうする(この場合は、クリームは塗る)とインプットされると、律儀にそうしてしまい、こちらが思いもしなかったような反応が返ってくることがあります。本人は至って真面目。小さい頃にいろいろな経験をする、応用できる力をつけるって大事だな、と思います。

A君とは私はすごく仲良しで、言語コミュニケーションが成立しにくかった時から、それでも心はいつもつながっている感覚があり、ふたりでことばにならない冗談を言って(?)顔を見合わせて大笑いしたり楽しい思い出がたくさんあります。

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子

発達障害 #オウム返し #コミュニケーション #子どもの発達支援

ピタの中にサラダとお肉と、手作りフムスとナスの焼いたものを入れたイスラエル風サンドイッチ。

f:id:heart-kotoba:20200916212731j:plain

 

イギリスいる千里さんから皆様へ

南村洋子先生のお嬢さん、千里さんからのメッセージです。

千里さんは世界的に活躍されている聞こえないダンサー。

オンラインでパフォーマンスを上演するそうです。

ご覧になってください。

 

ちさとです。

 
大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
自然災害や疫病に相次いで見舞われるこの頃ですが、改めて「生きる」ことを問われているのではないかと思っています。
 
ところで、原爆75周年になる今年、8月6日の広島の日、11月11日のリメンブランスディに、
きこえない被爆者たちの声を中心に制作したデジタルソロパフォーマンスの映像をオンラインにて上演します。
 
+ 広島の日 8月6日        原爆が投下された時間8:15(日本時間)/ 0:15(英国時間)から24時間ショートフィルム上演
 
+ リメンブランスディ 11月11日  フルフィルム上演 + 質疑応答 (詳細は後日アップデートします)
              
良かったら、ご覧になってください。
また、知人友人、関係者にお知らせいただけると幸いです。
英文ですが、詳細は下記のとおりです。
宜しくお願いします。
 
I’m writing to let you know about our "Scored in Silence"2020 digital season to commemorate the 75th anniversary of the atomic bombings on Hiroshima and Nagasaki during WWII. 
 
We’re asking for your help with our Youtube promotions in the lead up to 2 special dates. 
 
On Thursday 6 August, Hiroshima Day, we will be screening a special excerpt from "Scored in Silence” on Youtube for 24 hours only, from 8:15am Japan time/12:15am UK time when the atomic bomb was dropped on Hiroshima.
 
The link for that Youtube premiere is here: https://youtu.be/NxL761I72WM
 
Then on 11 November, to mark Remembrance Day, we will be screening the full-length film version of “Scored in Silence” with a live Q&A with Chisato and the team — we’re advising people to subscribe to the channel until we have further details on times and how to sign up https://bit.ly/ChisatoMinamimuraYoutube
 
If you (or your marketing colleagues) are able to support our digital marketing campaign on your social media/website/newsletter, I’ve attached a toolkit. 
 
It includes everything you would ever need (I hope): 
  • Social media schedule
  • Digital assets
  • Web copy 
  • Social & digital channel info
  • And a dizzying array of other assets 
We’d be grateful for your help as we aim to spread the message and stories of the atrocity of the atomic bombs and the impact on the deaf survivors to the international arts, culture and heritage communities. 
 
If you have any colleagues or venue contacts who might be able to support our marketing campaign, let me know or feel free to forward this email. 
 
We look forward to being in touch in 2021, when hopefully we will be beyond this situation. 
 
Take care and stay well. 
 
 
南村千里
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ガラスのような心

私は聞こえない・聞こえにくい子ども達と親御さんとの関わりもありますが、もうひとつ、発達に偏りのあるお子さんと親御さんとの関わりもあります。子ども達の心はまるでガラスのようです。なんて生きにくい世界に住んでいるのだろうと思います。私はできるだけ子ども達の代弁者となり、そのお子さんについての理解を親御さんが深められるように導いていく。それが仕事。

 

わざと相手が嫌がることをする子がいます。例えば、持っているペンで所構わず落書きをしてしまう。一見するとすっごく困った子。でも、その子にはその子なりの理由があるのです。どういうときにそれが起こるのかを見てみると、何かその子に負荷がかかったときや不安や心配が襲ったとき。ちょっと難しい課題に挑戦するとき。あるいは、ママと私で話をしているとき。その子は不安で不安でたまらないのでしょう。

落書きをしてしまったので、いっしょに消すことにしました。どうして消す必要があるのか、そして、落書きをすることでどんな困ったことがあるのかを、その子が分かるように伝え、いっしょに消すための道具を取りに行くことにしました。

道具を取りに行く途中、その子に伝えました。「ママとお話ししてる。心配しないで。大丈夫だから」と。するとその子は「うん」と言い、その後は困ったことをしないでも過ごすことができました。

 

数字にこだわりがある子。「(お遊びは)時計の針が6をさしたらお終いね」など伝えると、いつになったら6になるのだろう、と心配になり、時計から目が離せなくなり、結局なにも遊べない、ということが起こるようになりました。その子にとって時間は途切れなくつながっているものではなく、点なのでしょう。数字は好きなのですが、セラピーでは数字を扱うことをお休みしました。時計も片付けました。

 

不安な気持ちが高まると、「投げちゃダメ」と言いながら物を投げ始める子がいました。ママは「投げてはいけないということは、そう言っているのでわかっていると思います」と言っていました。でも、そうではないのです。本当は分かっていないのです。

ママに「お子さんが物を投げているときに、なんて言っている?」ときくと、案の定「投げちゃダメ」と言っていました。

その子にとって、不安な気持ちが高まり物を投げ始めると、ママが「投げちゃダメ」というので、その状況を「投げちゃダメ」と覚えていたのです。投げてはいけない、と理解しているわけではないのです。その状況で聞いた言葉をそのまま言っているだけ。

セラピーで「投げちゃダメ」が始まったので、私はその子の言いたいことを伝えました。「もっと遊びたいんだよね」と伝えると、こちらを見ながら「もっと遊びたい」と言います。「そうだよね。わかるよ。もっと遊びたいの」と伝えると、物を投げなくなりました。

 

発達に偏りがある子どもと接するときは、表面に現れない部分、深い部分でのその子の本当に伝えたいこと、その子の気持ちに自分の視点をもっていく必要があります。表面に現れたものに固執してしまうと、本当のその子に出会えないのです。表面に現れたものに注目し過ぎない。

子ども達はガラスのよう。それを親御さんに伝えます。

 

ハート&コミュニケーション

関根久美子(言語聴覚士

 

f:id:heart-kotoba:20200712163130j:plain


 

 

 

聞こえない方からのメッセージ・今回のコロナで思った事

先日、以下のようなメールが届きました。この方はろう学校の乳幼児教育相談でのお仕事をされている聞こえない方です。

 

〜メール全文〜

少しでも口話・読話が長い目で見ると限界があることを多くの人に知っていただけると嬉しいです。

乳幼児教育相談での教育が、ろう者の生活における大事な土台を造っているな、と今回の新型コロナウイルスでの生活の変化を通して、改めて感じました。その理由を2つ挙げます。

 

まず、1つ目はマスク着用でのコミュニケーション方法についてです。

新型コロナウイルスを受けて、生活必需品を取り扱うお店などの店員がマスク着用するようになりました。マスク着用していなかったころは、聴者と同じくらい完璧ではないが、どうにかして口話・読話でのコミュニケーションができた聴覚障がい者もいたかもしれません。ですが、現在は接触・飛沫による感染拡大の危険性もあるためにマスクを外すことはできません。その変化に伴い、コミュニケーションしづらいといった悩みがNHK「ろう生きる難聴を生きる」にも多く寄せられていたことが見られました。そこから考えられることは、いくら口話や読話を焦点に訓練を受けても実際の生活には限界があるということです。

マスク着用した状態で、まず自分が聞こえないことを相手に伝えたうえで筆談(使う紙やペンなどは一緒にしないという工夫も必要ですが)や手話、身振りなど臨機応変に使いながらコミュニケーションをする力があれば、お互いの健康を守ることにもなり、口話・読話よりも確実に情報を得られます。その力を身につけるためには、やはり幼いころから自分が聞こえないということを自然であること、また視覚的に確実なコミュニケーションを図ることができる環境にいるかどうかで差がつくと私は考えます。親御さんが早い段階でお子さんの「聞こえないこと」を理解できたり、成人ろう者のロールモデルと関わったり、同じ境遇の人と集まって話したりすることができる環境、つまり乳幼児教育相談の場がいかに重要か考えさせられます。

 

2つ目は新型コロナウイルス関連の情報を書記日本語で正しく理解する力についてです。連日ニュースなどで新型コロナウイルス関連の報道がされており、「クラスター」や「オーバーシュート」、「ロックダウン」など普段目にしないような言葉も出てきました。そういった用語の内容などを把握しないと、感染の危険性や健康管理方法などの知識が得られません。今回のような新たな非常事態が起きても、自分で判断して行動をし、自らを守ることができるようにするためには、日本語の読解力が必要です。書記日本語習得においても、手話と絵・写真、文字をマッピングしながら語彙を増やしたり、家族と手話でコミュニケーションを通して視覚的に情報を得たりする、などやはり乳幼児期で積み重ねることが重要ではないかと思います。

 

上記の2点にしたがって、口話や読話に頼った生活をすると、今回のようなコロナによる生活様式の変化に対応するのは難しいと思います。マスクで聞こえづらい、読話ができない、難しい情報が多すぎて理解できない、という悩みが起きる前の早いうちから、自分がろう者であることを伝えられる力、聴者を相手に分かりやすく手話・身振り・筆談などでコミュニケーションする力を身につけるかどうかが大切です。乳幼児期はそういった基盤を築ける重要な時期であると今回改めて考えさせられました。

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子

Kotoba-heart.com

 

この写真はフランスのストラスブール大聖堂。私はこの街に長いこと住んでいました。このメッセージを寄せてくださった先生が、昨年行かれたそう。パリで世界ろう者大会があったそうで、立ち寄ったのですって。

 

f:id:heart-kotoba:20200524162926j:plain

 

 

 

先輩お母さんの手記から

きっと参考になるだろうな、と思われる、お母さんの手記を載せますね〜。「少しでも皆さんのお役に立てるなら」と掲載を快諾してくださいました。ありがとうございます。

 

0歳児のこの1年間が一番辛かったです。聴こえにくい世界について何も知らないまま飛び込んだ私は、まずは子どもとの関わり方に慣れるのに必死でした。手話も使っての語りかけは慣れるまで辛く、手話表現が分からないために子どもに対して無言になる・・・という本末転倒なことまで。手話に拘らず身振りや表情をつけるだけでも良かったのにと今は思えますが、そんな余裕もありませんでした。ただでさえ自由に使える時間が少ない赤ちゃんとの生活の中での写真カード作りも、なかなか億劫でした。そして色々やっても反応は皆無・・・未熟者の私は辛いと感じることもおおかったです。(途中略)

学校に通うようになってから半年後、1歳3ヶ月のときに初めての手話「美味しい」や、自分がとうもろこしを食べている写真カードを指差して「食べたい!」の意思表示が見られました。また1歳6ヶ月のときには「ママ」らしき初語も出てきて、やはりとても嬉しく、少し救われたような気持ちになりました。少しずつ反応が出てくると、関わることも楽しくなり、学校へ行くことが子どもも私も楽しみになっていました。

印象に残っているのは南村先生の講座で、難聴児に限らない子育て論を教えていただきました。「子どもがこちらを見てくれない、と悩むのではなく、子どもがこちらを見てくれるまで待つ」「子どもに話すのではなく、子どもと話す(子どもが知りたいことを話す)」など、育児も初心者の私には目から鱗の内容ばかりでした。また、関根先生との初めての個別では、子どもと遊ぶ様子をビデオに撮っていただきました。青いボールを子どもに見せて(子どもはそれを見てもいないのですが)「これは青いボールだよ」と自分本位に話しかけている自分の様子を見て、逃げ出したくなるくらい恥ずかしかったです・・・。それからは、まず子どもの様子をじっくり観察して、何に関心をもっているのかを把握してから、子どもがこちらを見てくれるタイミングで、視覚的にわかりやすいように話しかけるよう心がけました。

 

この写真は子どもが小さかったときのもの。大嫌いなお風呂に入れられて、ネコが困ってる!

f:id:heart-kotoba:20200521071325j:plain

 

 

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子

Kotoba-heart.com

 

 

不思議な縁

今日は私の恩師、南村洋子先生についてお話をしようと思っています。実は今、ろう学校の乳幼児教育相談について、ということで執筆をしています。その内容は、南村先生から教えていただいたこと。感謝の気持ちを込めて書いています。

 

南村洋子先生は聞こえないお子さんを育てたお母さんでもあり、聴覚障害分野の教育者です。南村洋子先生の経歴については、インターネットで検索をかけると、わっさわっさと出てきます(笑)。

南村先生がろう学校の乳幼児教育相談での仕事をされる前、トライアングルという難聴児通園施設で主任をされていました。そのときに、言語聴覚士の実習で1ヶ月ほどお世話になったのです。

言語聴覚士の実習は、成人領域と小児領域の2つに行くことが義務付けられているのですね。実習に行くまで、私は失語症の施設で働こうと思っていました。小児領域も最初は発達支援センターでの実習に行くことになっていたのですが、実習に行く数日前に、教授から、「〇〇さんと交代してくれる?あなたはトライアングルに行ってください」と突然言われ、しぶしぶ行くことになったという経緯があります。聴覚障害分野は全く興味がなかったのです。しかも数日前に言われたため、何も勉強もせずに行ってしまいました。今考えると、ひどい学生でした。

 

その当時、南村先生はご自分の経験から、手話の必要性を訴え、大きな転換を図っているときでした。

 

どんな子どもにとっても子どもの学び場は遊び。遊びの中からたくさんのことを吸収していきます。学習的なことも、感情的なことも、体験することも、想像・創造することも。

先生のおやりになっていた教室は遊びが中心でした。遊びの中に学びがあり、遊びの中にことばを育む要素がたくさん入っている教室でした。本当に遊びしかしていなかった!

 

初めて実習に行った日はず〜っと遊んでばかりいるので、「あれ?」と意味がよくわかりませんでした。でも、毎日様子を見させていただくうちに、その遊びの中に含まれている深い意味が分かるようになりました。

 

親子が本気で向かい合い、豊かなコミュニケーションを取りながら遊んでいるのです。子どもはみんな、お母さんが自分に寄り添い、共感し、コミュニケーションをとってくれるので生き生きとしています。本当に楽しそうでした。私はその頃子育ての真っ最中。自分の薄っぺらい子育てを反省しました。私の次に実習生としてお世話になった方も、その時子育ての真っ最中。「本気で子供と向かい合って子育てしているお母さん方の姿を見ると、自分の子育てがあまりにも浅いので、途中から実習に行くのが辛くなったわ。」と言っていました。

先生に伝えたことがあります。「先生、聞こえない子の教室だけではなく、聞こえる子の教室も開いて欲しい」と。

小さい頃に親がこんなにも向かい合い、深い愛情を注いでくれたという体験は、その子の一生のお守りになるはずです。どんなに辛いことがあったとしても、きっと乗り越えられる力になるでしょう。そして、親にとってもこんなに濃密な子育てを体験できたことは幸せなことです。

 

不思議だったのは、小児病院の耳鼻科で働いているとき、「いつか、南村先生と仕事ができますように」と心で願ったことがあったのです。すると、その日の夜、南村先生から電話があり、「ろう学校の乳幼児教育相談で、言語聴覚士を探しているから、来ない?」と誘われ、病院を辞めて、ろう学校で働くことになりました。

 

南村先生との出会いと、トライアングルでの実習がきっかけで、私の今があります。また、20代を異文化、異言語、マイノリティーで過ごした経験も、この聴覚障害分野での仕事に生きています。

 

すべて縁。後ろを振り向くと、ひとつにつながっている不思議を感じることがあります。

次回は、聞こえない子を育てているお母さんの手記から、「私の10カ条」。

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子(言語聴覚士

Kotoba-heart.com

 

 

f:id:heart-kotoba:20200514151613j:plain

 

話しかけの極意

先日、聞こえる発達に問題のないお子さんが、ひとつのことばを理解して言えるようになるまでに、800回聞いている、とお伝えしました。これは聞こえるお子さんの場合ですから、聞こえない・聞こえにくい子の場合には、目を合わせての丁寧な話しかけが最低でも800回ということですね。お子さんに見てもらえるように関わっていく、ということがコツかも。

 

以前、聞こえないお母さんがこんなふうに話していました。

「私たち聞こえない人は、動くものにしか興味がない」

なるほど!と思いました。だから、親御さんのジェスチャーは大げさなくらいがいいし、表情も大げさなくらいがいいし、俳優になったつもりで子どもに対した方がいいくらい。

それから、子どもが理解している、ということが大事。理解していないで表出だけできたとしても、コミュニケーションは成立しないですから。

 

名詞って話しかけるの簡単なんです。例えば、テーブルの上にペンを置いて、「これは ペン。これは ペン。ペン。ペン・・・」な〜んて子どもの気持ちを無視した声かけはやめてもらいたいのですが、名詞ってそれを片付けるまで何度でも繰り返し話しかけられるのです。

でも、難しいのは気持のことばや様子のことばです。子どもがリンゴを食べているときに、「リンゴ 美味しいね。たくさん 食べてるね」などの話しかけができますが、終わったらその話しかけはできません。気持ちのことばはもっとピンポイントで難しい。子どもがブランコに乗っていて、すっごく楽しそうにしていたら、「楽しいね」と伝えられます。子どもは(ふ〜ん。こういう気持ちが 楽しい なんだ〜)って思う体験を最低でも800回。目を合わせて、きちんと伝えることで、理解して、表出に結びつくのです。

それに、子どもの様子をよく見ていないといけない。子どもが突然泣いたとする。その泣いた理由がわからないと、「痛いね〜」なのか「悔しいね」なのか「残念ね」なのか、わからないですから。

 

話しかければいいんでしょ〜、と子どもの気持ちを無視して弾丸トークで話しかけてもダメなのですね。子どもが興味をもったこと、子どもの視線の先にあるものを一緒に見て、子どもの気持ちをくんで、子どもがこちらを向いてくれたときに、目を合わせて話しかける。コミュニケーションですから。心と心の通い合いですから。

南村先生がおっしゃっていたことば「子どもに話す のではなく、 子どもと話す」

f:id:heart-kotoba:20200505155327j:plain

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子(S T)

Kotoba-heart.com