『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

相手と通じ合う楽しさとコミュニケーション意欲

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

随分久しぶりの投稿になります。

 

色々なお母さんとお子さんのお話から。

そのお子さんは人工内耳をしています。だんだんと音声も出てくるようになりました。上の子も聞こえない子なので、お母さんは下の子が生まれて直ぐから手話と音声で話しかけています。

病院へ定期検診に行くと、「最近、どんな言葉を言いますか?」と「言葉」のことについて訊かれるそうです。お母さんは「飛行機と表出します」と伝えると、「え!飛行機ですか!」とお医者さんとS Tが驚嘆するので、その後お母さんがサラッと「手話で飛行機って言います」と伝えると、「手話かぁ〜」と急にガッカリしたように言われるとのこと。それに対してそのお母さんは怒っていました。

 

私は聞こえない・聞こえにくい子ども達には、たとえ聴力の程度が軽度であっても重度であっても、手話が必要であると考えています。0歳児の頃から手話を使って育てられた聞こえない・聞こえにくい子ども達の言語発達は(発達に問題がない聴覚障害児の場合)健常児と言われている子ども達と同様に発達していきます。手話で確実なコミュニケーションをとっているため、知識や情報は確実に伝わります。この聴覚障害という障害が他の障害と決定的に違うのは、当たり前なのですが、聴覚に問題があるということ。聞こえる子と同じコミュニケーション体験では曖昧にしか伝わらず不十分なのです。

聞こえない・聞こえにくい子ども達が手話で「飛行機」と表出できるまでには、健聴児の子ども達が音声で「飛行機」と言えるまでと同様の過程を辿ります。飛行機のイメージがたくさんその子の中に育ち、そこに「飛行機」がなくても「飛行機」を「言葉」でイメージできるようになる。つまりlauguageの育ちがそこにあるわけです。

 

聴力の程度にかかわらず、皆、最初出てくる言葉は「手話」です。その後、聴力が使えるお子さんは音声言語で言えるようになっていきます。

「手話を入れると音声言語で喋らなくなってしまいますか?」と先日も訊かれました。いいえ、そんなことはありません。その証拠としてあるお子さん(聞こえる子)のお話をしましょう。

 

そのお子さんは聴覚障害はなかったのですが、発達に遅れがあり、私が会ったときは4歳。4歳になってもおしゃべりができませんでした。お母さんと相談し、簡単な手話や写真カードを取り入れていくことになりました。そのお母さんも最初は「手話を入れると音声言語がもっと出にくくなるのではないですか?」と心配されていました。でも、そんなことはないこと。むしろ、通じるという経験が成立しやすくなるので、コミュニケーションの意欲を向上させ促すことを伝えました。

その子は簡単な指示を理解して行動することができていました。ただ、その子からの表出の手段がなく、きっと苦しい想いをしているだろう、ということが容易に想像できました。

手話や写真カードを取り入れると、簡単な手話は直ぐに覚えて使うようになりましたし、写真カードもその子の「言葉」となり、案の定、相手に通じるという経験はその子のコミュニケーションの意欲を向上させていきました。そして5歳になったときから、急に音声言語を喋り出したのです。その後、あれよあれよという間にペラペラになり、今では意思疎通は十分取れるようになりました。他にも何人もそういうお子さんがいます。

 

そうそう、大事なのは相手と通じるという経験。それがコミュニケーションの意欲を向上させるのですね。聞こえない・聞こえにくい子ども達も同じです。音声言語のみにしがみついていたら、通じるという経験やコミュニケーションの意欲が十分に育たない。コミュニケーションの楽しさが実感できない。

 

子どもが手話で「飛行機」とやり、それをキャッチしたお母さんが「本当だ!飛行機が飛んでるね」と手話と音声言語で返す。そして二人で顔を見合わせて笑い合う。コミュニケーションは相手がキャッチできて初めて成立します。お母さんに通じたという経験が意欲を向上させ、もっと話したいという気持ちを育てていきます。聞こえない・聞こえにくいのだから、音声言語は曖昧にしか届かないし、ちゃんとキャッチできているかもわからない。そんなコミュニケーションが普通になってしまったら、どうなるのでしょう。

 

先日、聞こえにくい1歳の子が個別相談にお母さんと一緒にやってきました。

お母さんは私との相談の時も、頑張って覚えたての手話を音声とともに表します。その会話の中に天気の話が出てきました。私と二人で天気の話をしていると、その様子をちょっと離れたところで見ていたその子が、教室の窓の外を指差し、「晴れ!」と手話でやったのですよ!これにはビックリ!1歳でちゃんと大人の会話に入ってこれていました。すごいですよね。

 

 

関根久美子(言語聴覚士

f:id:heart-kotoba:20210105160935j:plain

 

 

 

「手話で育つ豊かな世界」

「手話で育つ豊かな世界」(購入先全国早期支援研究協議会 900円 soukisien@yahoo.co.jp)
難聴対策議連でお世話になった先生方(上川陽子氏、宮路拓馬氏、自見はな子氏、大塚拓氏)にお届け。
まずは今井絵理子氏へ。
この冊子は難聴対策議員連盟小委員会でのヒアリングの際に提出した保護者の手記に、人工内耳装用を含む聞こえない・聞こえにくい当事者と支えてきた関係者や専門家の三者によって書かれた体験・実践報告集。三者で協力して出版した書籍は、おそらく日本では初めてです。
今、聞こえない・聞こえにくいお子さんを育てている保護者には将来の見通しがわかり、どのような育て方をすれば良いのかがわかります。
11日日曜日のオンライン講演会は定員を超えたので、定員数を拡げました。
その時にも今井絵理子氏が参加してくださいます。
難聴対策議員連盟の政策では、最初、色々な圧力により、手話やろう学校という文字は省かれていたそうです。それをどうにか入れられたのは、今井絵理子氏の努力が大きかったようです。

 

 

 

 

f:id:heart-kotoba:20201009064154j:plain

 

10月11日 オンライン講演会!

皆様、

先日の自民党難聴対策議連小委員会でのヒアリングをオンラインで再現することになりました。どうぞご参加ください。

昨日から宣伝をし始めたのですが、申し込みスピードが早いです。お気軽にお早めにお申し込みください。

ST中川信子先生のブログでも紹介されました。http://www.soratomo.jp/article/16312851.html

 

ろう・難聴教育研究会オンライン研究会

毎年行っている夏の研究大会ですが、新型コロナ感染拡大のため今年は中止させていただきました。しか し、皆さんとろう教育について語らう場がないままでは寂しいので、オンライン研究会の開催を企画しまし た。初めての試みですので、スムーズにいかない面もあるかと思いますが、試行錯誤を重ねながら、進めて いきたいと思っております。

2019年から自民党難聴対策議員連盟が活動を始め「人工内耳優先、手話やろう学校軽視」の動きが強 まろうとしています。

2020年7月に開催された難聴対策議連小委員会で、東京都立大塚ろう学校乳相担当、言語聴覚士の関 根久美子さんは、手話導入以降の大塚ろう学校での子どもたちのコミュニケーションや言語発達の様子をデ ータに基づき詳細に説明し、それを肯定的に受け止めている数十名分の保護者の思いをつづった手記も公表 しました。

大変すばらしいレクチャーでしたので、皆さんに紹介したいと考えました。全国の保護者や早期支援に携 わる先生方、言語聴覚士の方々、ぜひご参加ください。

ろう・難聴教育研究会会長 長谷川 洋

●テーマ・講師

「聞こえない・聞こえにくい子ども達と保護者の未来のために (自民党難聴議連新生児期・小児期難聴対策小委員会でのレクチャーから)」

関根久美子(東京都立大塚ろう学校乳相担当、言語聴覚士) 日時:2020年10月11日(日) 14:00-15:30

●プログラム(司会:新井孝昭)
13:20~13:55 受付&らせ、Zoom操作の説明 14:00~14:05(画面確認)開催挨拶 14:05~14:45 講演(関根久美子) 14:45~14:55 休憩質問準備 14:55~15:25 質疑応答意見交換 15:25~15:30 ンケーのおい、終了挨拶

●参加方法
1 申込締切 10月10日() 、 先着80名で
2 参加
: 無料
3 オンライン研究会はZoomで開催(手話通訳文字通訳あり)

参加希望者は、事前に「新の Zoom アップデー(無料)」をおいします。

4 申込アドレス:info@edh.main.jp、以項目を明記の、参加みをおいします。 受付確認メをおりします。

1氏名、 2所属3メルアドレス(連先)、4会員・会員の区別5 主に、利用したい情報(手話通訳文字通訳音声)

参加受者には、Zoom ミーティ参加のための URLIDスコーをおりします。 (研究会を YouTube でライブ配信する定です。詳細は、当会 HP 掲載します。)

なるほど!おもしろい!

私が担当しているA君。年中さんのときに担当した時は、話しかけられたことばをそっくりそのままオウム返しで繰り返すのみでした。オウム返しになると、親御さんは「オウム返しになってしまって、こちらが聞いたことに答えられない」とちょっと心配になるようですが、悪いことではないのですね。コミュニケーションへの意識が高まってきたことと、ことばがコミュニケーションの役割を果たしているんだって理解し始めてきているということなのです。

「〇〇食べたいの?」と聞くと同じように「〇〇食べたいの?」とイントネーションも同じくオウム返しで繰り返すのみなのですが、その子の本当に言いたいことを一緒に代弁し、ママが一人二役すると良いです。「〇〇食べたいのね。食べようね」など。そのうちに、だんだんと「〇〇食べたいの?」で「食べたい」と言えるようになってきます。

 

さて、そのA君。年長さんになりコミュニケーションは成立するようになりました。しかも、自分の気持ちや要求も言語化できるようになり、それとともに行動も落ち着き、ママが心配していたのは嘘のようにお兄さんになりました。

ある日、A君と一緒に給食を食べることになりました。その日の給食には食パンが出て、各テーブルにクリームの器があり、そのクリームをぬるようになっていました。クリームを塗ってあげると、なんか不満そう。なるほど、食パンの隅の部分が塗り損なっていたのです。ちゃ〜んときれいに隅々まで塗ってあげると大満足。自分でも塗り直して完璧にしてから食べていました。クリームが美味しかったようで、小さいおかわり用のパンを何度もおかわり。その度にクリームを自分できれいに隅々まで塗っていました。パンのおかわりは3回までとなっているので、もうできない。するとA君「クリーム」と言っています。クリームをもっと食べたいようです。他のお友達は皆、食べ終わっていなくなっていたので、「内緒ね」と言い、器からクリームをすくってA君のお皿の上に置いてあげました。すると、私が考えもしなかったことをし始めました!なんと、お皿にクリームを塗り始めたのです。あぁ!そうかぁ!A君にとってクリームは、食べるものでもあるけれど、塗るものでもあるんだな。クリームを塗るためのパンはなかったので、お皿にのせられたからお皿に塗っちゃったのだな。その様子を見て、もうおかしくて大笑いしてしまいました。

「A君。こうやって食べるんだよ」とお皿のクリームをスプーンですくってあげると、なるほどと思ったようで、それからはお皿のクリームをきれいにスプーンですくって食べていました。

 

これはこうする(この場合は、クリームは塗る)とインプットされると、律儀にそうしてしまい、こちらが思いもしなかったような反応が返ってくることがあります。本人は至って真面目。小さい頃にいろいろな経験をする、応用できる力をつけるって大事だな、と思います。

A君とは私はすごく仲良しで、言語コミュニケーションが成立しにくかった時から、それでも心はいつもつながっている感覚があり、ふたりでことばにならない冗談を言って(?)顔を見合わせて大笑いしたり楽しい思い出がたくさんあります。

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子

発達障害 #オウム返し #コミュニケーション #子どもの発達支援

ピタの中にサラダとお肉と、手作りフムスとナスの焼いたものを入れたイスラエル風サンドイッチ。

f:id:heart-kotoba:20200916212731j:plain

 

イギリスいる千里さんから皆様へ

南村洋子先生のお嬢さん、千里さんからのメッセージです。

千里さんは世界的に活躍されている聞こえないダンサー。

オンラインでパフォーマンスを上演するそうです。

ご覧になってください。

 

ちさとです。

 
大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
自然災害や疫病に相次いで見舞われるこの頃ですが、改めて「生きる」ことを問われているのではないかと思っています。
 
ところで、原爆75周年になる今年、8月6日の広島の日、11月11日のリメンブランスディに、
きこえない被爆者たちの声を中心に制作したデジタルソロパフォーマンスの映像をオンラインにて上演します。
 
+ 広島の日 8月6日        原爆が投下された時間8:15(日本時間)/ 0:15(英国時間)から24時間ショートフィルム上演
 
+ リメンブランスディ 11月11日  フルフィルム上演 + 質疑応答 (詳細は後日アップデートします)
              
良かったら、ご覧になってください。
また、知人友人、関係者にお知らせいただけると幸いです。
英文ですが、詳細は下記のとおりです。
宜しくお願いします。
 
I’m writing to let you know about our "Scored in Silence"2020 digital season to commemorate the 75th anniversary of the atomic bombings on Hiroshima and Nagasaki during WWII. 
 
We’re asking for your help with our Youtube promotions in the lead up to 2 special dates. 
 
On Thursday 6 August, Hiroshima Day, we will be screening a special excerpt from "Scored in Silence” on Youtube for 24 hours only, from 8:15am Japan time/12:15am UK time when the atomic bomb was dropped on Hiroshima.
 
The link for that Youtube premiere is here: https://youtu.be/NxL761I72WM
 
Then on 11 November, to mark Remembrance Day, we will be screening the full-length film version of “Scored in Silence” with a live Q&A with Chisato and the team — we’re advising people to subscribe to the channel until we have further details on times and how to sign up https://bit.ly/ChisatoMinamimuraYoutube
 
If you (or your marketing colleagues) are able to support our digital marketing campaign on your social media/website/newsletter, I’ve attached a toolkit. 
 
It includes everything you would ever need (I hope): 
  • Social media schedule
  • Digital assets
  • Web copy 
  • Social & digital channel info
  • And a dizzying array of other assets 
We’d be grateful for your help as we aim to spread the message and stories of the atrocity of the atomic bombs and the impact on the deaf survivors to the international arts, culture and heritage communities. 
 
If you have any colleagues or venue contacts who might be able to support our marketing campaign, let me know or feel free to forward this email. 
 
We look forward to being in touch in 2021, when hopefully we will be beyond this situation. 
 
Take care and stay well. 
 
 
南村千里
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ガラスのような心

私は聞こえない・聞こえにくい子ども達と親御さんとの関わりもありますが、もうひとつ、発達に偏りのあるお子さんと親御さんとの関わりもあります。子ども達の心はまるでガラスのようです。なんて生きにくい世界に住んでいるのだろうと思います。私はできるだけ子ども達の代弁者となり、そのお子さんについての理解を親御さんが深められるように導いていく。それが仕事。

 

わざと相手が嫌がることをする子がいます。例えば、持っているペンで所構わず落書きをしてしまう。一見するとすっごく困った子。でも、その子にはその子なりの理由があるのです。どういうときにそれが起こるのかを見てみると、何かその子に負荷がかかったときや不安や心配が襲ったとき。ちょっと難しい課題に挑戦するとき。あるいは、ママと私で話をしているとき。その子は不安で不安でたまらないのでしょう。

落書きをしてしまったので、いっしょに消すことにしました。どうして消す必要があるのか、そして、落書きをすることでどんな困ったことがあるのかを、その子が分かるように伝え、いっしょに消すための道具を取りに行くことにしました。

道具を取りに行く途中、その子に伝えました。「ママとお話ししてる。心配しないで。大丈夫だから」と。するとその子は「うん」と言い、その後は困ったことをしないでも過ごすことができました。

 

数字にこだわりがある子。「(お遊びは)時計の針が6をさしたらお終いね」など伝えると、いつになったら6になるのだろう、と心配になり、時計から目が離せなくなり、結局なにも遊べない、ということが起こるようになりました。その子にとって時間は途切れなくつながっているものではなく、点なのでしょう。数字は好きなのですが、セラピーでは数字を扱うことをお休みしました。時計も片付けました。

 

不安な気持ちが高まると、「投げちゃダメ」と言いながら物を投げ始める子がいました。ママは「投げてはいけないということは、そう言っているのでわかっていると思います」と言っていました。でも、そうではないのです。本当は分かっていないのです。

ママに「お子さんが物を投げているときに、なんて言っている?」ときくと、案の定「投げちゃダメ」と言っていました。

その子にとって、不安な気持ちが高まり物を投げ始めると、ママが「投げちゃダメ」というので、その状況を「投げちゃダメ」と覚えていたのです。投げてはいけない、と理解しているわけではないのです。その状況で聞いた言葉をそのまま言っているだけ。

セラピーで「投げちゃダメ」が始まったので、私はその子の言いたいことを伝えました。「もっと遊びたいんだよね」と伝えると、こちらを見ながら「もっと遊びたい」と言います。「そうだよね。わかるよ。もっと遊びたいの」と伝えると、物を投げなくなりました。

 

発達に偏りがある子どもと接するときは、表面に現れない部分、深い部分でのその子の本当に伝えたいこと、その子の気持ちに自分の視点をもっていく必要があります。表面に現れたものに固執してしまうと、本当のその子に出会えないのです。表面に現れたものに注目し過ぎない。

子ども達はガラスのよう。それを親御さんに伝えます。

 

ハート&コミュニケーション

関根久美子(言語聴覚士

 

f:id:heart-kotoba:20200712163130j:plain


 

 

 

聞こえない方からのメッセージ・今回のコロナで思った事

先日、以下のようなメールが届きました。この方はろう学校の乳幼児教育相談でのお仕事をされている聞こえない方です。

 

〜メール全文〜

少しでも口話・読話が長い目で見ると限界があることを多くの人に知っていただけると嬉しいです。

乳幼児教育相談での教育が、ろう者の生活における大事な土台を造っているな、と今回の新型コロナウイルスでの生活の変化を通して、改めて感じました。その理由を2つ挙げます。

 

まず、1つ目はマスク着用でのコミュニケーション方法についてです。

新型コロナウイルスを受けて、生活必需品を取り扱うお店などの店員がマスク着用するようになりました。マスク着用していなかったころは、聴者と同じくらい完璧ではないが、どうにかして口話・読話でのコミュニケーションができた聴覚障がい者もいたかもしれません。ですが、現在は接触・飛沫による感染拡大の危険性もあるためにマスクを外すことはできません。その変化に伴い、コミュニケーションしづらいといった悩みがNHK「ろう生きる難聴を生きる」にも多く寄せられていたことが見られました。そこから考えられることは、いくら口話や読話を焦点に訓練を受けても実際の生活には限界があるということです。

マスク着用した状態で、まず自分が聞こえないことを相手に伝えたうえで筆談(使う紙やペンなどは一緒にしないという工夫も必要ですが)や手話、身振りなど臨機応変に使いながらコミュニケーションをする力があれば、お互いの健康を守ることにもなり、口話・読話よりも確実に情報を得られます。その力を身につけるためには、やはり幼いころから自分が聞こえないということを自然であること、また視覚的に確実なコミュニケーションを図ることができる環境にいるかどうかで差がつくと私は考えます。親御さんが早い段階でお子さんの「聞こえないこと」を理解できたり、成人ろう者のロールモデルと関わったり、同じ境遇の人と集まって話したりすることができる環境、つまり乳幼児教育相談の場がいかに重要か考えさせられます。

 

2つ目は新型コロナウイルス関連の情報を書記日本語で正しく理解する力についてです。連日ニュースなどで新型コロナウイルス関連の報道がされており、「クラスター」や「オーバーシュート」、「ロックダウン」など普段目にしないような言葉も出てきました。そういった用語の内容などを把握しないと、感染の危険性や健康管理方法などの知識が得られません。今回のような新たな非常事態が起きても、自分で判断して行動をし、自らを守ることができるようにするためには、日本語の読解力が必要です。書記日本語習得においても、手話と絵・写真、文字をマッピングしながら語彙を増やしたり、家族と手話でコミュニケーションを通して視覚的に情報を得たりする、などやはり乳幼児期で積み重ねることが重要ではないかと思います。

 

上記の2点にしたがって、口話や読話に頼った生活をすると、今回のようなコロナによる生活様式の変化に対応するのは難しいと思います。マスクで聞こえづらい、読話ができない、難しい情報が多すぎて理解できない、という悩みが起きる前の早いうちから、自分がろう者であることを伝えられる力、聴者を相手に分かりやすく手話・身振り・筆談などでコミュニケーションする力を身につけるかどうかが大切です。乳幼児期はそういった基盤を築ける重要な時期であると今回改めて考えさせられました。

 

ハート&コミュニケーション 関根久美子

Kotoba-heart.com

 

この写真はフランスのストラスブール大聖堂。私はこの街に長いこと住んでいました。このメッセージを寄せてくださった先生が、昨年行かれたそう。パリで世界ろう者大会があったそうで、立ち寄ったのですって。

 

f:id:heart-kotoba:20200524162926j:plain