『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

ことばの力

もうだいぶ前の話になりますが、とっても印象に残っている出来事があります。ダウン症の男の子のエピソード。その子はちょっと頑固ちゃんなところがありました。個別指導が終わり、片付けてもう帰ろう、ということになると、まだ帰りたくないと頑として動かない。教室の真ん中に腕を組んで座って怒り始めるのです。なので毎回毎回終わりにするのが大変でした。

 

そんなことが何回か続いたある日の個別、また今日も怒って動かなくなっちゃうかなぁ〜、と思いながら、「お終いね。片付けようね。」と伝えると、「仕方ないね〜。」と言いながらあっさり片付けをしてくれたのです。えぇ〜!どうしたの〜!ビックリ〜!

お母さんに聞いてみると、家で同じようなことが起こった時、「まだ遊んでいたいよね。でも、もうおしまい。仕方ないね。」と彼の気持ちを代弁した言葉かけを続けたそうです。その仕方ないね、という言葉が彼の気持ちにフィットしたようで、ある時から「仕方ないね。」と言いながらスッと片付けをしてくれるようになったとのこと。

 

大人は片付けた後の見通しが立っているので、片付けなくちゃな、と思います。片付けたら夕飯作って、お風呂に入れて・・・などなど。でも子どもはそうではありません。片付けた後、どういうことが待っているのかを伝えていくことも大事です。そしてこのお母さんがされていたように、子どもの気持ちに共感した話しかけをして、子どもの気持ちをまず受け止めてあげることも大事です。

 

話すことは放すこと。一言、自分の気持ちにフィットしたことばで気持ちを言い表わせるようになると、行動が落ち着くのです。それまで行動で言い表していたことばにならなかった気持ちを、ことばで言い表わせるようになるからですね。

 

友達におもちゃを取られそうになると、友達のことを叩いてしまう子も、一言、「いやだ!」と言えるようになると、行動が変わってきます。ことばってすごい力を持っているのです。そのことばを育む手助けをしていくのは私たち大人。話しかけを大事にしていきたいですね!

 

下の写真は夏に綺麗に咲いた黄色いカサブランカ。百合って植えっぱなしでも毎年美しく咲いてくれるので偉い!

f:id:heart-kotoba:20170923094505j:plain

 

広告を非表示にする

聞こえるように見えるけれど

雨の日曜日。台風が接近しているようです。皆さんはいかがお過ごしでしょう。

 

私が役員をしている ろう・難聴研究会でも、聴覚障害をお持ちのご本人をお呼びしてお話を伺うことがあります。先日も、研究会ではなかったのですが、ご本人のお話を伺う機会がありました。

 

お話しをしてくださった方々は、まだ大学生。まだまだ口話教育が主流だった時の方ばかり。インテグレーションで聞こえる子の学校に通っていたり、ろう学校に通っていたとしても、まだ手話での教育が今ほど定着していなかった時代の教育を受けた方。そして自分のアイデンティティーに葛藤している若者たちでした。

 

中には中等度難聴で綺麗におしゃべりができる方もいました。

綺麗におしゃべりができることで隠されてしまう聞こえにくさ。綺麗におしゃべりができるけれど、聞こえない。聞こえるように見えるけれど、聞こえない。そして聞こえないということを周囲の人たちも、本人でさえもよく分からない。聞こえる私たちのように何となく聞いていても相手の話が分かるのではなく、全身全霊で聞かなくてはならず、全身全霊を傾けたとしても全部の情報は分からないし伝わらない。一番自分のことを理解してもらいたいはずの家族にも、聞こえにくいということは理解してもらえず、家族の中でも孤立が深まる。聞いていなかったあなたが悪い、と片付けられてしまう。親は伝えたつもりだったのかも知れないけれど、伝わっていない家族の会話。その積み重ねが毎日毎日起こり、それが何十年と続いてしまう恐ろしさ。

 

ヘレンケラーが「目が見えないことは私を物から切り離し、耳が聞こえないことは私を人から切り離す」と表現していました。毎回お話を伺う度に心が痛くなる。ジーンと心に突き刺さるような孤独。家族はどうぞ一番の理解者であって欲しい。そしてこのような本人からの話を、言語聴覚士や医療従事者、聴覚教育関係者にももっと聞いてもらいたい!

 

下の写真はサングラスをかけられて嫌がっているうちのワンコ。

f:id:heart-kotoba:20170917121959p:plain

理想的な子育てのチャンス

ハート&コミュニケーション という素敵な名前をつけてくださった、私の人生に大きな影響を与えてくださった先生。その先生の講演会の中にこんなお話がありました。

 

<あるお母さんがおばあちゃんにこう言われたと。「あなたは聞こえない・聞こえにくい子供を持って本当に幸せなのよ」って。そう言われたのですと言っていました。どういう意味かというと、前にもお話しましたが、聞こえない・聞こえにくい子供を育てるということは、本当に子育ての基本。こうあるべき理想的な子育てができるチャンスをもらったということなのです。>

 

だいぶ前の話になりますが、私はこの先生が以前おやりになっていた聞こえない親子が通う教室に、実習生として1ヶ月近くお世話になっていました。先生がご自分の経験から、手話の必要性を訴え、大きな転換を図ってからの実習生でした。

 

どんな子どもにとっても子どもの学び場は遊び。遊びの中からたくさんのことを吸収していきます。学習的なことも、感情的なことも、体験することも、想像・創造することも。

先生のおやりになっていた教室は遊びが中心でした。遊びの中に学びがあり、遊びの中にことばを育む要素がたくさん入っている教室でした。本当に遊びしかしていなかった!

初めて実習に行った日はず〜っと遊んでばかりいるので、「あれ?」と意味がよくわかりませんでした。でも、毎日様子を見させていただくうちに、その遊びの中に含まれている深い意味が分かるようになりました。

親子が本気で向かい合い、豊かなコミュニケーションを取りながら遊んでいるのです。子供はみんな、お母さんが自分に寄り添い、共感し、コミュニケーションをとってくれるので生き生きとしています。本当に楽しそうでした。私はその頃子育ての真っ最中。自分の薄っぺらい子育てを反省しました。私の次に実習生としてお世話になった方も、その時子育ての真っ最中。「本気で子供と向かい合って子育てしているお母さん方の姿を見ると、自分の子育てがあまりにも浅いので、途中から実習に行くのが辛くなったわ。」と言っていました。

その先生に伝えたことがあります。「先生、聞こえない子の教室だけではなく、聞こえる子の教室も開いて欲しい」と。

小さい頃に親がこんなにも向かい合い、深い愛情を注いでくれたという体験は、その子の一生のお守りになるはずです。どんなに辛いことがあったとしても、きっと乗り越えられる力になるでしょう。そして、親にとってもこんなに濃密な子育てを体験できたことは幸せなことです。

 

そして、こんな素敵な教室に実習に行けるチャンスを与えられた私は本当にラッキーでした!その先生は今でも現役!日本中を飛び回って、聞こえないとはどういうことか、聞こえにくいとはどういうことか、を説いてくださっています。私の人生に大きな影響と豊かさを与えてくださった先生に、感謝です。

 

下の写真は、クローゼットの段ボールのお家でくつろいでいるうちのニャンコ。

f:id:heart-kotoba:20170909204806p:plain

ビックリ! フランス流子育て

9月に入りました。昨日から新学期ですね。

 私はフランスで息子たちを出産しました。その子育てエピソードでちょっとビックリなことをお話しします。もう随分昔の話になってしまいますが。

 

出産した次の日、日本のようにお風呂の入れ方とかそういうのを習う機会がなかったので、どんな風にしたら良いのかを看護婦さんに聞いてみました。すると、「じゃぁ、後で来て」というので行ってみました。行ってみると、その部屋は大きな流しが並んでいる場所でした。看護婦さんが息子を腹ばいにさせヒョイと片手で持ち、「見ててね!」とその流し台に行き、流しの蛇口で新生児なる息子の身体と頭をササっと流して洗い始めました。もう、ビックリ!もうカルチャーショック!日本ではタライとかで薄いタオルをかけて大事に大事に洗うと思うのですが、違うの〜!? うそ〜〜〜!でも、息子だけでなく、他の子のこともそんな風に洗ってる! えぇ〜〜〜!

 

それからもう一つ。フランスでは38度以上になると熱がある、と言います。肉食のフランス人。きっと平熱体温が日本人よりも高いのでしょうねぇ。息子たちが熱を出し、小児科にかかると必ずこう言われました。「39度の熱があったら38度のお風呂に入れて。1度低いお風呂ですよ。」 ええっ!? 私のフランス語の聞き取り間違いかも知れないとフランス人の友人に確認すると、フランスではそれが当たり前、とのこと。郷に入れば郷に従え、ということでやってみると、案の定、大泣き。でも、まぁ、大丈夫でした。

さて、ある時、日本の小児科にかかった時にお医者さんに聞いてみました。「いやぁ〜、日本ではやりませんね。やらないでくださいね。気候の違いがあると思いますよ。」そして日本の友達に話すと大笑い。「それ、鬼ハハでしょ!」

 

それからもう一つ。息子が通っていた幼稚園の給食。すごいんですよ。メニューが!フルコースで出て来ます。前菜、メインディッシュ、チーズ、デザート。これにもビックリしました。今でも思い出します。

 

なんか懐かしいな。

と、ことばとは関係のない、異国での冗談のような本当の子育てのお話でした!

 

f:id:heart-kotoba:20170902141041j:plain

アイコンタクト

知り合いから写真が届きました。生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこした写真。その腕の中に抱かれている小さな赤ちゃんは、ジッとお母さんの方を見つめています。すっごい!こんなに小さいのにちゃんと見てる!

授乳の時もジッとお母さんの方を見つめながら飲んでいる。しかもたいていの赤ちゃんは数ヶ月すればお母さんが見ている方向を一緒に見ようとしてくれます。これはコミュニケーションの基本である、一つのテーマを巡って話し手と聞き手となって関わり合う三項関係の元になる力であるとのこと。

 

アイコンタクトはコミュニケーションの基本。とっても大事な力。当たり前のことのように思われるけれどそうではない、と発達に偏りのあるお子さん達と一緒にいると思います。特に自閉的傾向があると言われているお子さん達は視線の共有が本当に難しい!スッとかわされるような感じがあります。彼らは自分と物の世界には入り込みやすいのですが、その中に人を関わらせることが難しい。

 

だからそのお子さんの視界の中にどうにかして入り込もうと、強制的にそういう場面を作ろうとこちらも頑張る!物を渡すときには物を目の近くにかざして視線を合わせるように工夫をしたり、物を介して遊ぶ時には工夫して少しでも視線を合わせられるようにしたりします。またその子の好きな身体を使った遊びに付き合ったり、身体に圧を入れたマッサージをしてみたりして、とにかく、「ねぇ!あなたの前に私がいるんだよ!」とメッセージを送り続ける。そのうちにこちらのことを認識してくれるようになり、視線が合う場面が増え、少しずつ良い関係ができると、表情も親和的に変化していきます。

 

どこかに隙間が空いていないかな、どこからかこじ開けられないかな。彼らの住んでいる世界を尊重しつつ、ちょっとお邪魔させてもらう。そんなイメージ!

 

ひとりこんな子がいました。と〜っても私の印象に残っている子。アイコンタクトが少しずつ成立するようになり、仲良くできるようになると、有難いことに私のことをとっても気に入ってくれました。私の姿を見つけると、遠くからでもダーっと走ってきて抱きついてくるのです。とっても可愛らしかった!個別では私のお部屋の物を何でも引っ張り出してしまうので、指差ししてジェスチャーで要求をする、ということを繰り返し、何とかできるようになりました。どうしているかなぁ〜。元気にしているかな?

 

 

f:id:heart-kotoba:20170826084943j:plain

 うちの9歳の猫と燻製にした豚バラ肉。なんかいい感じに写ってる。

読んでいただき有難うございました。

広告を非表示にする

あっ! ゾロ目だ!

さっき何気なく時計を見たら 11:11。ゾロ目でした!

このゾロ目を見るとある男の子を思い出します。

私が担当していた発達に遅れのある、自閉的な傾向がある男の子。数字がとっても大好きで、見通しをつけるのによく数を利用していました。

 

例えば、何時にお勉強(個別指導のことをお勉強と言っていました)、終わる時間は何時。今日のお勉強の課題は 1番目〇〇、2番目〇〇・・・4番目〇〇。4番目が終わったら遊ぼうね〜、など。お話しで伝えるだけではなく、視覚的にも書いて伝えていました。見通しが立つだけで落ち着いて課題に取り組んでくれるのですよね。この子だけでなく誰でもそうなんだと思います。やっぱり安心できますよね。

 

何の課題の最中だったのか忘れてしまったのですが、デジタル時計の数字が11:11 でゾロ目だったのですね。その男の子が「あ!1111!」と大喜びしたのです。私も何だか嬉しくなって一緒に喜んだのを覚えています。なんかその子の気持ちが理解できたというか。ゾロ目ってスッキリしていて、気持ちいい数字です。それで何だか分からないけど、見れて得した感じがする。不思議。

 

起きた時、何気なく見た目覚まし時計がゾロ目だったりすると、「あ!ゾロ目だ。」と思うようになりました。そうするとその子のことを思い出します。

今頃どうしているのかなぁ。もう、すっかり大きなお兄さんのはずです。今でもゾロ目が好きなのかな〜。

 

f:id:heart-kotoba:20170819131614p:plain

 

広告を非表示にする

夏の間にやってみたかったこと!

今年の梅雨は雨が降らなくて暑くて夏になったらどうなるんだろう、と思っていたら、8月に入って雨ばかりで、昨日の夜は涼しくてビックリ。

今年の夏、チャレンジしたいことがありました。

一つはこれ。左かららっきょう漬け、梅シロップ、梅干し。

らっきょう漬けはお世話になっているF先生から毎年いただいていたのですが、今年は自分でも挑戦してみようと思いやってみました。やってみると結構大変な作業でビックリ!特にらっきょうの皮をむくのが大変で、そのあと数日間、手先にらっきょうの匂いがついてしまいました。F先生、いつも有難うございました。

梅シロップと梅干しは毎年作っています。今年は天候不順で梅を干す日を探すのがとっても大変でした。

f:id:heart-kotoba:20170812114243j:plain

それから、ぬか漬け。暮らしの手帖に土井善晴さんの「ぬか漬けを始めよう」という記事が出たのでやってみました。お米屋さんから無農薬の米糠をもらい、ぬか床を自分で最初から作ってみました。ぬか床って臭い、というイメージがあったのですが、全然違うのですね。ぬか床が出来上がるまでお米の糠の良い匂いがしていました。必要な材料は糠と塩、それだけ。他にも色々入れるのかな?と思っていたのですが、それだけでとっても美味しく漬かるのでこれにもビックリ。昔の人の智恵ってすごい!

今日はお盆。実家にお墓まいりに行きます。きゅうり2本、母に持って行ってあげようと思っています。

f:id:heart-kotoba:20170812114259j:plain