『ことばの相談室』徒然

ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について心配がある・・・などなど、国家資格を有するカウンセリングサロンです

夏の間にやってみたかったこと!

今年の梅雨は雨が降らなくて暑くて夏になったらどうなるんだろう、と思っていたら、8月に入って雨ばかりで、昨日の夜は涼しくてビックリ。

今年の夏、チャレンジしたいことがありました。

一つはこれ。左かららっきょう漬け、梅シロップ、梅干し。

らっきょう漬けはお世話になっているF先生から毎年いただいていたのですが、今年は自分でも挑戦してみようと思いやってみました。やってみると結構大変な作業でビックリ!特にらっきょうの皮をむくのが大変で、そのあと数日間、手先にらっきょうの匂いがついてしまいました。F先生、いつも有難うございました。

梅シロップと梅干しは毎年作っています。今年は天候不順で梅を干す日を探すのがとっても大変でした。

f:id:heart-kotoba:20170812114243j:plain

それから、ぬか漬け。暮らしの手帖に土井善晴さんの「ぬか漬けを始めよう」という記事が出たのでやってみました。お米屋さんから無農薬の米糠をもらい、ぬか床を自分で最初から作ってみました。ぬか床って臭い、というイメージがあったのですが、全然違うのですね。ぬか床が出来上がるまでお米の糠の良い匂いがしていました。必要な材料は糠と塩、それだけ。他にも色々入れるのかな?と思っていたのですが、それだけでとっても美味しく漬かるのでこれにもビックリ。昔の人の智恵ってすごい!

今日はお盆。実家にお墓まいりに行きます。きゅうり2本、母に持って行ってあげようと思っています。

f:id:heart-kotoba:20170812114259j:plain

 

手話詩より

「聴者の母に捧げる歌」

 

あなたと私

異なる世界、異なることば、異なる人生の経験

あなたは聞こえる世界に育ち、ろう者を知らない

私はろうの世界に育ち、聞こえることの厚かましさを知り尽くしている

 

そのあなたに男児が生まれる。ろうの!

あなたのショック、私の驚き、そして喜び

 

あなたは子どもを自分と同じに育てたい

けれど育った彼は私と同じ

髪と目と身体はあなたと同じでも

耳と魂、ことばと世界は私と同じ

あなたの息子

でも私の仲間

彼はだれの子?

 

彼は木

仲間がいなければ枯れ、魂を失い、自分をなくす

けれど、あなたがいなければ木もなかった

私たちの仲間もことばも絶えてしまう

 

私たちが戦えばそれは鋸のように木を倒す

やめよう、手をつなぎ受け容れよう

木を育てるために、高く、天高く

 

 

この詩は エラ・マエ・レンツ という米国の女性ろう者が手話で語った詩の日本語訳です。だいぶ前にこの詩を何かの本で読み書き留めておいたものです。

以前、聞こえない子を育てている聞こえるお母さんが言っていました。下にちょっと歳の離れた兄弟が生まれる時「聞こえない兄弟が生まれますように。」って聞こえないお姉ちゃんはお願いしていたそう。本当に聞こえない兄弟が生まれて、お姉ちゃんは大喜びだった、とのこと。

聞こえる親から聞こえない子が生まれる。そしてそこから聞こえない世界へ続く枝葉が脈々と伸びていく。

 

広告を非表示にする

その子の ことば

発達がゆっくりな聞こえる5歳の男の子。簡単な指示を理解することができるようになり、自分からもジェスチャーなどを駆使して伝えようとしてくれます。

 

ある日の個別指導でいきなりズボン(パンツも)を下ろし始めました。その子との個別は初めてだったので私もよく分からずビックリ。急にトイレに行きたくなったのかな?と思いました。

「トイレなの?」と聞くと、ドアの近くに立ち、もう我慢できない〜!みたいな感じに手をドアに向かってかざすので、お母さんとトイレに行ってもらいました。トイレから帰って来て、お母さんにちょっとお話を伺うと、どうも「嫌」な時にズボンを下ろすよう。お母さんも困っていました。

 

なるほど。この子は「嫌な時」「もう終わりにしたい時」言葉では伝えることが難しいのでこういう手段になってしまう。今までの経験の中で、いきなりズボンを下ろしてみたらその場から立ち去ることが出来たので、きっと“こういう風にすれば終われる”と誤学習してしまったのでしょう。

 

さてさて次の個別でも同じようなことがありました。セラピーを行なっている最中にまたまたズボンを下ろし、漏れちゃうよ〜、アピール。一瞬焦ったのですが、そうだった、そうだった、と思い出し、

「もうお終いね。分かった。もう嫌だね。じゃぁ、これで遊ぼうか?」と素敵なおもちゃを見せると目がキラキラ。「じゃぁ、ズボンを履こう。恥ずかしいよ。」「こっちはお終いね。片付けよう。ポイポイ。」と片付け始めると、自分からズボンを履き、片付けを一緒にしてくれました。うふふ!

 

直ぐには修正できないかも知れませんが、こういうことがあったらその度にその子の気持ちを代弁して伝えてあげる。そのうちに「お終い」と<ことば>で伝えてくれる日がきます。きっと!

 

岡本夏木先生の本の中にこんなことばがあります。

<障害児にことばを生み出させる試みに従事する中で、同時に私たちは、彼らのことばが私たちに教えてくれているものを捉えていかねばならない。私たちは、障害児のことばや子どものことばを、自分たちに比べて、低い、未発達で不十分なことばとして捉え、それを私たちのことばへ近づけることにおいてしか、彼らとの言語的関わりを考えていない。しかし、彼らとのコミュニケーション事態の中においては、子ども達も私たちも、ともにひとりの人格的存在として、自己を表現し、相手と通じ合いを求めてことばを用いているのである。そのことにおいて、彼らのことばがいかに変則的であり、またたどたどしくとも、それが持つ意味は大きいのである。そして、私たちが自分のことばのなかにすでに忘れ去っているようなことばの本質が、障害児や子どものことばの中に珠玉のごとく光っているのを見落としてはならないだろう。>

 

日々、お子さん達から学ばせていただいています。

長くなりました。お読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする

特色あるろう学校〜夏の大会より

2日間に渡って開催された<ろう難聴研究会>の夏の大会が本日終了しました。たくさんの方に来ていただき、有難うございました。

今回の大会では3本柱での内容になっており、一つは乳幼児教育相談がテーマ。二つ目は、ろう教員の取り組みについて。そして3つ目は、特色あるろう教育について。

 

特色あるろう教育では千葉ろう学校、栃木ろう学校、明晴学園の先生方からのお話しを伺うことができました。

 

栃木ろう学校の同時法という教育方法についての講演では、50年前に同時法を考え出した先生方の熱い想いが伝わって来ました。そしてその当時の栃木ろう学校の先生方が考えたという障がい者観についての話がありました。

 

<この社会は、聾者と聴者で構成しており、相互にその立場を尊重し合うものと考える。聾者は聴者のようになる必要はなく、聾者が聾者としていきていくこととは当然の人間の権利である。聾者が聾者として生きてゆく意義は高揚されるべきものだと思う>

50年前に考えられたとは思えない内容に驚き、感慨深いものがありました。

 

どうぞ地域のろう学校がこれからもずっと存在し続け、聞こえない子ども達の故郷であり続けますように。

 

お読みくださり有難うございました。 

反り返り

暑い日が続いていますね。私は夏風邪を引いてしまいました。皆さんもお気を付けください。

 

さて、先日、難聴の子を育てているお母さんから「反り返りがひどくて大丈夫なのでしょうか?」という相談がありました。

 

難聴があると診断を受けている赤ちゃん達。不思議なことに多くの赤ちゃんに反り返りが見られます。「抱っこをするのが大変です。」とお母さん達からよく聞きます。

抱っこ紐で抱っこをしていてもその首を後ろの方へ反らせてしまうので、道を歩いているお年寄りの方から注意を受けるお母さんもいます。お母さんはしたくてしている訳ではないのですが。

またブリッジのようにしてそのまま移動している子もいます。そのせいでその子は頭のてっぺんに大きなハゲができてしまいました。

抱っこをするとイナバウアーのように反り返る子もいるので、危なくてなかなか抱っこがうまくいかないこともあります。

どれもこれも難聴の子特有のこと。

三半規管の未熟さからくるのではないか、後ろの情報を得るためにしているのではないか、と言われています。

 

そのうち自然におさまっていく子が多いので、あまり心配する必要はないかと思います。

お読みくださりありがとうございました!

広告を非表示にする

マイノリティーとして生きていくには

以前、私は海外(フランス)で10年近く生活をしていました。日本人が私だけという修道院が経営している学生寮に入っていました。私の他は移民としてフランスに来たベトナム人、戦争のため国を追われた旧ユーゴスラビア人、北欧からの留学生や韓国人なども一緒でした。

私は日本でのマジョリティーの生活からマイノリティーへの生活をすることになりました。このマイノリティーの体験が今の聴覚障害分野での仕事に役に立つことになるとはその時には予想もしていませんでした。

マイノリティーで生きるということは時にとても孤独で辛いものがあります。もちろん差別も受けます。フランス人からすれば、日本人の私は日本人である前に<アジア人>。アジア人よりもヨーロッパ人の方が上、という考え方の人も多いので驚かされたことも度々。言語が違う、文化が違う、習慣が違う。戸惑うことも度々。傷つくことも度々。

異文化の中で暮らして親友と呼べる友達もできました。彼女たちとは国籍やことば、文化を超えて相互尊重という関係が築けたからだと思います。

また私が異文化の中で長いこと暮らせたのは、<日本人である>という確固たるアイデンティティーを持っていたからだと思います。

 

聞こえない人や聞こえない子のことを考える時、このマイノリティーという考え方がしっくりいきます。マジョリティーの中でマイノリティーとして生きていくにはアイデンティティーの確立が大切になってきます。母語を与えること。そしてその集団を与えること。これらが後々、マジョリティーの中で生きていくための自分の核となります。

 

もう一つ長い海外生活でわかったこと。それは<人間の心の深いところにあるもの>ってみんな同じなんだなぁ〜、っていうこと。

 

読んでいただきありがとうございました。

ろう難聴教育研究会 夏の大会

皆様、

 

私が役員をしています ろう難聴教育研究会の夏の大会が今年も開催されます。

今年は7月22日と23日です。

edh.main.jp/

どうぞいらしてください!

内容もとても興味深いものになっていると思います。